安全を第一に考えよう!倉庫で事故を起こさないようにするには?

コンベアの回転部分!

倉庫と言っても色々ありますが、出荷物を自動振り分けしてくれるソーターと呼ばれる機械が導入されていると、巨大なコンベアが設置されていることもあります。大きな機械ほど強力な動力を必要としますから、使いの回転部分に作業服の袖などが巻き込まれると大事故につながります。倉庫内で機械操作をする者は、安全装置のかけ方や非常スイッチの位置などをしっかり把握していなければなりません。

事故が起こる可能性を考える!

倉庫で使っている道具は、仕事を便利に進めるものでもありますが、使い方を間違えれば大きな事故にもつながります。荷物を置いて運ぶための台車だって雑に扱えば安全性の確保はできませんし、切れない刃を付けたカッターを使用していると、むしろ怪我をしやすくなります。倉庫で使う道具が普段使い慣れている道具が多いかもしれませんけど、安心してしまうと簡単に事故が起きてしまうんです。常に事故が起こり得る可能性を考えて気を付けて作業することを心掛けましょう。

倉庫という環境で体調管理する!

空調設備がしっかり整っている倉庫というのはあまりないんですよ。大抵の倉庫は窓も少ないし、埃っぽくて乾燥していることが多いんです。エアコンのない倉庫では、夏は非常に暑くなり、冬はかなり冷え込みます。環境によっては体調管理が非常に難しくなる場合もありますよ。そういった倉庫で働く場合は、マスクをするとか、手洗いをするとか、アルコール消毒なども必要かもしれません。倉庫の仕事って意外と過酷ですから、道具の使い方だけでなく、健康にも気を使って仕事しないといけませんよ。

物流とは、生産者から消費者までの生産物を包装、保管、荷役をして移動することです。そしてこれが、経済活動の基盤を支えているのです。