電子カルテを使えば便利に情報が共有できる!

電子カルテの利点とは

電子マネーは、複数の店で共通で使える便利なシステムを取り入れています。同様の便利さで注目されているのが、電子カルテです。従来、カルテは紙媒体で機関ごとに異なる体裁で作成されていました。紙媒体のカルテは予算も安価ですが、情報の共有に手間がかかります。電子カルテはオンライン上でカルテを共有することができるので、機関内でカルテを持ち出す手間もありません。別の場所でカルテの情報を更新した際も、全体にその変更を即座に広めることができます。

電子カルテを導入するには

電子カルテはパソコンやタブレットを使って、必要項目を入力する形で使用します。使用するパソコンやタブレットは全てオンライン上に接続しておく必要があるので注意が必要です。外部のインターネットに接続したくない場合は、内部でネットワークを設定します。電子カルテを使う際は専用のソフトを使うため、使っているOSに注意が必要です。個々に使用するパソコンやタブレットのOSが同一でない場合は、ブラウザを利用したシステムが良いでしょう。メインとなるサーバーに専用ソフトをインストールし、接続したパソコン等ではブラウザを通じてメインサーバー内にアクセスする方法です。

既存ソフトとプログラムの利点とは

電子カルテシステムを導入する際は、既存のソフトか新規にプログラムで作成したシステムを使用します。既存のソフトは、比較的安価で導入しやすい点が魅力です。新規にプログラムを依頼する場合は、細かな要望などを依頼できるメリットがあります。導入したい際には、機密にしたい事項や目的を整理して考えましょう。

電子カルテは、今や各地の医療機関において導入が進んでおり、顧客の既往歴などを確認するうえで大きな役に立ちます。