音声POPで集客力アップ!活用法を考えましょう

飲食店も活用できる音声POP

飲食店の集客効果アップのために、音声POPを活用したいと思っているけれど、良い活用法が思い浮かばないという人は、調理中の音を活用してみてください。

唐揚げや天ぷらといった揚げ物を販売している店であれば、揚げ物を作っている時に発生する音を、音声POPから流すといった方法もおすすめできます。

揚げ物の調理中に発生する音は聞いていて心地良く思える上に、食欲をそそる素晴らしい音をしているからこそ、集客力のアップが見込めることでしょう。

調理中の香りが店先まで伝わるようにすると、香りと音の両方でお客さんに料理の美味しさをアピールする事ができます。

集客力アップのために調理の音を活用するためにも、録音環境にこだわりを持つ事も重要です。

動物の可愛い鳴き声を音声POPで鳴らす

猫カフェや犬カフェといった、動物と触れ合える事を売りにしている店舗が音声POPを活用する際には、動物の鳴き声を利用してみてください。

可愛らしい動物の鳴き声が店先に響くだけで、道行く人たちが何の鳴き声だろうかと気にしてくれます。

そして店内を覗き込んでみると、可愛らしい犬や猫の姿が見えるだけで、多くのお客さんが店内まで足を運んでくれることでしょう。

音声POPで人間の音声を伝えるよりも、集客力をアップさせる事ができる可能性がありますから、動物の鳴き声は是非活用してみてください。

子猫や子犬といった特に可愛らしい鳴き声を活用しておくと、更なる集客力のアップが見込めますから、どういった鳴き声を録音するか考えておく事をおすすめします。

音声POPとは店頭で買い物客への声がけ、商品説明などを販売員の代わりに自動で告知する装置です。人感センサーを内蔵し、人が通りかかった時のみ再生することができます。