ITが可能にする最先端のビジネススタイル

顧客視点に立つ重要性

統合顧客管理では、顧客管理をビジネス上の最重要項目に位置づけ、「ヒト」や「モノ」、そして「カネ」の流れを統合的に管理する手法です。ビジネスで成功を収めるには、営業力や技術力を備えた優秀な人材を揃えるのが早道ですが、商品やサービスを享受する消費者がいなければ意味がないわけです。そこから、サプライヤーサイドに重点が置かれていたビジネス戦略が、アクセプターサイドに重点を置くことで新たなビジネス視点が可能になります。

顧客情報の蓄積と管理

顧客重視のビジネスモデルは、以前から存在していましたが、業務の効率化が叫ばれる中で、いつの間にか重点ポイントが企業サイドに移っていました。その流れからリストラや海外進出が進み、コストカットが最重要項目となりました。そして、顧客の視点に立つという基本が失われがちになったわけです。顧客視点のビジネス遂行には、顧客情報の蓄積・管理、そして幅広い角度からの分析が必要になります。特に人々の趣向が多様化している現代においては、分析結果に基づいた直感的な判断力が求められています。

システム導入企業の連携

統合顧客管理においては、ユーザーの趣向に応じた対策が必要ですが、それには膨大な情報量の分析能力が必要です。それを可能にするのが「ITシステムの発達」で、分析結果を可視化することで、きめ細かくて迅速な対応を可能にしました。ITによる顧客管理システムでは、顧客の趣向に応じた囲い込み戦略が立てられるので、新規顧客の定着率を高められます。そして、システム導入企業が連携することで、顧客の消費行動が明らかになり、新たな購買行動につなげることが期待できます。

統合顧客管理を効果的に行うことで、より多くの顧客の満足度を高められることがあるため、早期に対策を立てることが重要です。